楽な現場

大学のビルメンはマジで楽だった件について【天国現場】

投稿日:

私がビルメンになって初めて配属された現場は大学です。

いきなりの当たり現場でまったりのんびりビルメンライフをスタートすることができました。(すぐに商業施設に異動になってしまいましたが・・・)

この記事では経験を踏まえて大学ビルメンについて徹底的に解説しています。かなり楽だったの楽なポイントが中心です。

  • 大学のビルメンって他のビルとどう違うの?
  • ぶっちゃけかなり楽なの?
  • ビルメンになりたくて楽な現場を探している

上記に当てはまる方は是非最後までご覧くださいね。ではさっそく見ていきましょう!

大学のビルメンが楽な理由とは・・・

大学のビルメンは他の商業施設、ホテル、病院と比べると圧倒的に楽でした。

ニートから未経験でビルメンになった私でも拍子抜けするレベルでした。社会復帰には丁度良かったのを覚えています。

良かったら私がニートからビルメンで社会復帰できた経歴もご覧ください↓

引きこもりのニートはこうやってビルメンになった【奇跡の逆転劇】

続きを見る

そんな大学ビルメンの楽なポイントについて4つにまとめました

ポイント

  1. 大学は基本的に学生のみが利用する
  2. クレーム対応がなく基本的に暇
  3. 夕方には利用者のほとんどが帰宅
  4. 夏休み、春休みはマジで楽

それでは1つ1つ解説していきます。

大学は基本的に学生のみが利用する

大学は基本的に学生のみが利用するので毎日特定のしか来館しません。

商業施設、ホテルですと毎日不特定多数の人が来館しますよね?不特定多数の人が利用する建物ですと空調の設定温度を毎日変えたりとビルメンが対応しないといけないことも多いです。

大学は特定の人が利用する建物ですので空調の管理も基本的にマニュアル通りにやっていれば問題ありません。

学生なのでそこまで気を使わない

ホテルや商業施設ですとお客様は絶対です。お客様の前を脚立を持って横切っただけでもクレームになることも普通にあります。その為、作業をする際は結構気を使います。

大学の場合は学生なのでそこまで気を使う必要がありません。普通に学生がいる中で作業をしたりしていました。

クレームどころか学生の方が気を使ってくれるので作業もスムーズにおこなうことができます。

入試試験の時は気を使う

大学の現場は基本的に気を使うことがあまりないのですが入試試験の時は気を使います。

入試試験の時は大学の教員の方もピリピリしているので試験会場の温度や湿度管理が適正にできていないとクレームに繋がります。

私がいた大学では15分おきに全ての試験会場の温度と湿度を記録していました。(いつもは一時間おきにしか記録しません)

気を使うと言っても基本的にマニュアル通りに温度設定を変えていけば良いので難しい仕事ではありませんでした。

クレーム対応がなく基本的に暇

大学のビルメンは基本的に暇でした。

  • 午前中に電流値やメーターの検針
  • 昼食
  • 午後に数人で月例点検
  • 後は待機

こんな感じのスケジュールで午後なんかほぼ待機時間でした。お茶を飲みながらお菓子を食べたり、資格の勉強をしたりとまったりしていました。

『ビルメン楽すぎる!!』と毎日思っていました。こんな楽な仕事が本当にあるんですよね・・・

クレーム対応自体がほとんどない

待機時間でもクレーム対応があればビルメンが対応しないといけません。ホテルや病院ですとこのクレーム対応が本当に忙しいです。

大学の場合はクレーム対応自体がほとんどありませんでした。特定の人が利用するので面倒なトラブルも全くありませんでしたよ。

たまに電球交換の依頼が来るくらいで後はひたすら待機でしたので本当に暇でした(^^♪

プールが少し面倒

大学の現場は学生が部活動で使用するプールがあります。

プールがあると少し面倒です。水質管理や温度管理をビルメンがおこなうからです。

定期的に水質や温度の状態を見に行かなければならなかったので少し面倒です。

ビルメンのプール管理については下記記事で詳しく書いています↓

【ビルメン】 プールがある現場のきついポイントとは・・・

続きを見る

敷地が広大だと大変かも

地方や郊外の大学は広大な敷地に複数の建物がある大学もありますよね?

敷地が広い大学ですと移動するだけでも結構疲れます。都市部の大学は基本的に一つのビルなので問題はありませんが地方や郊外の大学はその点は注意が必要です。

夕方には利用者のほとんどが帰宅

夕方になるとほとんどの学生が帰宅するので大学に人がいなくなります。

その為、大学ビルメンの宿直は本当に楽です!

18:00頃にはほとんどの学生がいないのでクレーム対応の依頼も来ないですし、のんびりと夜の時間を過ごすことができます。

仮眠時間もきっちり取ることができますよ(^^♪

夜間作業がほとんどない

大学の場合夜間にのんびりできるので夜間作業がほとんどありません。これはビルメンにとってかなり楽なポイントになります。

ホテルや病院のビルメンは夜中2時~3時でも普通に作業しています。

夜間まで作業したくないという方は大学ビルメンは本当にオススメです!

夏休みや春休みはマジで楽

大学の場合夏休みや春休みは学生が全く来ないので本当に楽です。

建物を利用する人がいないのでやることがないんですよね。夏の暑い時期、年末年始に暇というのはかなりありがたいです。

しかも大学の長期休暇はかなり長いです。夏休みが7月終わり~9月半ば、春休みが2月~4月初めとそれぞれ2ヵ月以上もあります。この長い期間ビルメンも楽になるので大学ビルメンは本当に最高です!!

長期休暇中に工事をやる場合もありますが基本的には立会いをするだけなので全く苦になりません!

終わりに

この記事では大学のビルメンについて解説してきました。

大学ビルメンは私の経験上1番楽な現場でした。

オフィスビルがビルメンの現場で楽として有名ですが大学はそれ以上の天国現場です。

  • ビルメンで楽の現場を探している
  • ニートからの社会復帰に楽な仕事を探している
  • まったりビルメンライフを送りたい

上記のような方には大学ビルメンはかなりオススメです。

しかし、大学の現場って意外と珍しく求人サイトで募集していないことも多いですよね( ノД`)シクシク…

大学ビルメンになりたい方は転職エージェントを利用するのがオススメです。

下記記事で詳しく書いていますので是非ご覧ください↓

ビルメン(設備管理) 転職にオススメな転職サイトとエージェント

続きを見る

大学以外の楽な現場も見てみたいという方は下記記事をご覧ください↓

ビルメンが楽と言われる理由とは【楽な現場の特徴も解説】

続きを見る

-楽な現場
-, ,

Copyright© 僕らはビルの中で , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.